雪が雨になりました。

小さな春
小さな春

 

3月第1週目は雨からのスタートになりました。季節の変わり目はどうも天候が不安定です。これは日本もイタリアも同じですね。先週末は気温が20度近くまで上がり、風も温かく、春の天気でした。そして、ブドウ畑の合間でかわいい雑草の花が咲いているのを見つけました。植物は春を感じるのが早いですね。

 

温かくなると、各地でたくさんのイベントが開催されます。アルバではVinumという一般の方向けのテイスティングイベント。ヴェローナではイタリア国内最大のワインイベントVinitaly。ジャーナリスト向けのアンテプリマから各地のテイスティング会盛り合わせです。

昨日、仕事で近所のMonchiero Carbone(ワイナリー)へお邪魔したら、オフィースはワインイベントのことで大忙しになってました。

 

そして畑では、どのワイナリーも樹が目覚める前の準備で大忙しとのこと。

もちろん全て手作業です。私も昨年まではこの作業を畑でしていました。まっすぐの枝を折らずに曲げるので手早く出来る作業ではないんです。折れてしまえば、この年のこの樹からの収穫はゼロです。常に緊張してました。

寒い日は枝が折れやすいので温かくなるのを待ち、雨が降っては作業が出来ないという、天候と追いかけっこの作業です。

そして芽が出る前に終わらせないといけませんのでマイペースとはいきません。

冬にゆっくり休んだブドウの樹たち、今年はどんな実を実らせてくれるのか、楽しみですね。そして、この雨も暑い夏がやってくる前に必要な水分。しっかり吸収して元気な若葉を見せてねぇ。

日本とおいしいイタリアの架け橋に
日本とおいしいイタリアの架け橋に

 

 

おいしいイタリアを伝えたいそして、皆とわかち合いたいという思いから通訳・アテンドという活動を始めました。

もっとイタリアを近くに感じてみませんか?