3月の雪と生命力

土壌が春色になり始めました
土壌が春色になり始めました

3月中旬、春を感じた温かさの中、ロシアからの寒波が舞い降りました。イタリア全土で3月中旬に雪。私が住むピエモンテでは先週末は一日中雪が降り、翌朝には積もっていました。前日は春の暖かさを感じるイイお天気で、畑では春の雑草たちが花を咲かせていたので、この雪にちょっとかわいそうに思っていましたが・・・。すぐ溶けた雪から水分をたっぷり吸った雑草たちは先日以上にキレイに咲いていいました。

目覚めが雑草よりも少し遅いブドウの樹はまだ冬眠中といいたいところですが、少し目覚め始めたようです。新芽が出てくるだろうところがふくらみ始めていました。

桃の花はもう一息で開花です。

 

雪が少し降ったぐらいでは、彼らの生命力は揺るがないようです。ブドウだけでなく、他のフルーツも今年も素晴らしい実が期待できそうですね。

 

日本とおいしいイタリアの架け橋に
日本とおいしいイタリアの架け橋に

 

 

おいしいイタリアを伝えたいそして、皆とわかち合いたいという思いから通訳・アテンドという活動を始めました。

もっとイタリアを近くに感じてみませんか?